様々な国籍の人が集まる東京には日本語学校が多い

東京は日本の首都ですが、海外から訪れた外国人が居住している数も全国では抜きんでています。

様々な国籍の人が様々な目的で居住しています。日本の文化を学ぶために留学している人もいますし、労働者として日本で働いている人もいます。東京に居住している人の国籍も多岐にわたっており、その数は100ヵ国以上にものぼります。

また、日本では少子高齢化が急速に進んでおり、近い将来には労働力の減少も懸念されています。

日本語学校の東京の情報をご提供しています。

現在でも介護業界・建設業界・保育業界・サービス業界など様々な分野で人手不足が問題化しています。
そのため外国人労働者の受け入れも自治体や国を中心に議論がされるようになりました。
十年後には、日本で働く外国人労働者の数はもっと増えるかもしれません。

そういった社会背景もあって、東京には数多くの日本語学校が存在しています。

日本語学校とは外国人など日本語を母語としない人を対象にして日本語を教える学校のことをいいます。



外国人が日本で働く際に壁となるのは、やはり言語の問題です。

日本語を話すことができないとうまくコミュニケーションを取ることができませんし、自分の意見や提案などをきちんと伝えることもできません。


日本語学校に通うメリットは、正しい日本語を効率的に習得できるところにあります。日本に暮らしていればそのうち喋れるようになると思うかもしれませんが、日本語を話す環境があまりなければ上達しないままです。



場合によっては間違った言葉を覚えてしまうということもあります。