東京にある日本語学校

東京における外国籍をもつ人の数は44万人を超えており、その半分以上が外国人労働者として働いています。

ビジネス視点で日本語学校の東京情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

また、東京の観光客数も1300万人以上であり、短期滞在も増えています。

その中で日本語を学びたいと考える外国人の方も増えてきています。東京における日本語学校は大学と一般の施設・団体をあわせて300以上あります。

コースもさまざまで、長期滞在者に対する1年以上のコースから、1〜3か月の短期型の講座、夏休みや春休みの集中講座、プライベートレッスンや日本語能力試験対策講座など、期間や目的に合わせて選択できます。

日本語学校では、日本語指導のみならず進学指導や生活相談なども行っており、日本の文化を学んだり、四季折々の行事に参加する機会も提供しています。


日本人との交流や遠足、小旅行などのイベントも充実しているところが多いです。

料金はコースに応じてさまざまですが、たいていの日本語学校では入学金が必要となります。
授業料の他に、教材費や施設利用料などを設定しているところもあります。



また、学校によっては、日本語能力試験合格者などに入学金減免制度を設けていたりしています。


学習カリキュラムも多彩であり、日本語能力に応じて、初級クラスで優しい日本語や日常会話を学ぶところから、中級クラスでは、ニュースやドラマをある程度理解できるようにようになるところを目指し、上級クラスになると日本人の会話を正確に理解したり、専門的な話題もできるようになります。



読む、書く、聞く、話すの4つの技能に加えて、漢字や文法などもしっかり学ぶことができます。

講師も日本語教師の資格をもっており、いずれの日本語学校も丁寧な日本語指導を受けられる環境ができています。